トレンドピックアップ

気になる話題、旬の情報をお届けします。

教養・雑学

「ナンバ歩き」って?~その効果、効能 

2016/07/14

20151214ナンバ歩き
「ナンバ歩き」って知っていますか?

右手と右足、左手と左足をそれぞれ同時に前に出す歩き方です。
かつてTV、新聞、雑誌などでも多く取り上げられているので、知っている人も多いと思います。
ナンバ歩きが注目を集めたのは、今から10年ほど前に陸上競技の末続慎吾選手が、世界陸上パリ大会の200メートルで銅メダルを獲得し、この時末続選手はラスト50メートルでナンバを意識して走ったそうです。
また、女子マラソンの高橋尚子選手も、ナンバ走法で走っていたそうです。

スポンサードリンク

江戸時代までは日本人は全てナンバ歩きをしていて、明治時代になって西洋文化が取り入れられ、服装が和服から洋服に変わり、歩き方もナンバ歩きから現在のような歩き方に変わっていったそうです。

和服は、腰で帯を締めているので、現在のような右手左足を同時に出す歩き方では、腰のところで上半身と下半身がねじれるため、帯がゆるんでしまいます。
和服を着ている場合、帯がゆるまないナンバ歩きが理にかなった当然の動きになるわけです。

ナンバの動きは伝統芸能で見られる

ナンバの動きは、日本の伝統芸能である歌舞伎で、六方(ろっぽう)を踏むという所作があり、能や狂言のふるまいにもナンバの動きがあります。
また、飛脚が1日に100キロ近く走れたのも、ナンバ歩きと同じ動きのナンバ走りのおかげといわれています。

効果、効能

腰痛、肩こり解消

ナンバ歩きは骨盤を無理なく動かすことで腰の痛みが解消されます。また、ふだん使わない肩甲骨の筋肉も刺激されますから、肩こり解消に効果的です。

脳の活性化

右脳と左脳のバランスが良くなり、脳の働きが活性化します。

疲れにくい

腕を振らずに肩から動き、足でける動きがないので、疲れずに長時間無理なく歩くことができます。

スポンサードリンク

-教養・雑学