トレンドピックアップ

気になる話題、旬の情報をお届けします。

健康

「貧乏ゆすり」は悪いこと?その原因、心理、驚きの健康効果とは?

2016/07/14

貧乏ゆすりとは

20151102貧乏ゆすり

貧乏ゆすりは椅子などに座っている時に、膝などの体の一部を小刻みに揺らし続けることをさします。

貧乏ゆすりをしている本人は、大抵の場合無意識に行っていて、人に指摘されるまで気づかないことが多いようです。

スポンサードリンク

貧乏ゆすりの原因、心理

貧乏ゆすりは何かに集中したりイライラしたりすると、足の動きをとめている大脳の働きが抑えられるために表れます。

日本人だけではなくあらゆる人種に見られるクセで、生まれたときから備わっているようです

貧乏ゆすりが長時間座りっぱなしの悪影響を除く

デスクワークなどの長時間座りっぱなしの状態を続けることは単に運動不足になる以上に体に悪い影響を及ぼすことは当ブログでも述べてきていますが、貧乏ゆすりが座りっぱなしによる悪影響は取り除けるのだそうです。

英国のロンドン大学とリーズ大学の研究グループが米予防医学会誌で発表した内容によると、英国女性約1万3000人(37~78歳)を対象に1日の平均座位時間、貧乏ゆすりの有無、身体的な活動、食事、喫煙、アルコールの飲用などについて平均12年間の死亡率の追跡調査を行いました。

1日に7時間以上座る時間があり、かつ、ほとんど貧乏ゆすりをしない女性は、1日5時間未満の女性に比べて早期死亡リスクが30%上がりました。

一方で、貧乏ゆすりの多い女性は1日5~6時間座っていても、座る時間が1日5時間未満の女性よりも、死亡率が37%下がるという結果になりました。

また、貧乏ゆすりを多くする人は、BMIに加え、血糖値やインシュリン反応など、健康に関連する指数がよいこともわかりました。

BMIはBody mass indexの略で、身長の二乗に対する体重の比で体格を表す指数です。
BMI=体重kg/((身長m)×(身長m))で計算します。

スポンサードリンク

貧乏ゆすりの効果

貧乏ゆすりの健康効果は以前よりいわれており、以下のような効果があります。
・冷え・むくみ解消
・エコノミークラス症候群の予防
・多くの医療機関で「ジグリング」として変形性関節症のリハビリに取り入れられてい
   て、特に股関節の軟骨の再生に有効であることが知られ、約6割の人に効果が
   あるそうです。

・脳の働きをスムーズにする、集中力が増す、ストレスを解消するなどの効果があると
   いわれています。

最近では貧乏ゆすりを応用して機械で自動的に足を動かせるようにした健康器具も販売されています。

貧乏ゆすりは、マナーという点で人のいるところではなかなかできません。
とりあえず周囲に人がいない時とか、自宅でのデスクワークなどで意識的に貧乏ゆすりをしてみるのがいいかもしれませんね。

関連記事
長時間の座りっぱなしの悪影響
運動不足の生活は身体に悪い

スポンサードリンク

-健康