トレンドピックアップ

気になる話題、旬の情報をお届けします。

植物

アジサイの花の色が変わるのはなぜ? 土のせい?

しとしと雨が降り続く梅雨の頃になると美しく咲くのがアジサイです。

アジサイは不思議な植物です。

同じ株なのに、花によって色が違っていたり、鉢から庭などに植え換えをすると、花の色が変わってしまうということもあります。

本記事では、アジサイがどのような理由で花の色が変わるのかを記載しています。

スポンサードリンク

アジサイの花の色が変わるのはなぜ?

一般にアジサイの花といわれているのは、花びらではなく、実はガク(萼)なのです。

アジサイは、ガクの部分が大きく色がついていて、花びらは小さく目立たないために、ガクが花のように見えます。以下では、一般的にいわれているようにガクを花と記載しています。

アジサイの花の色で最も知られているのは赤と青ですが、この色を出しているのは、アントシアニンという色素です。

アントシアニンの赤い色素、補助色素、アルミニウムの3つがそろった時にアジサイの花は青色になります。

アントシアニンとアルミニウムだけ、または、アントシアニンと補助色素だけでは、花の色は青色にはなりません。

アントシアニンは、アジサイの花に含まれています。補助色素は花がつき始めるにしたがつて、徐々に花の中で合成されていき、アルミニウムが根から吸収されると青色の花が咲きます。

アジサイの花の色素は遺伝的に決まっていますが、根からのアルミニウム元素の吸収は、土壌の状態によって変わってきます。

同じ株の花でも、根は幾筋にも分かれていて、アルミニウムを吸収しやすい根から養分を吸い上げている花は青色になり、アルミニウムを吸収しにくい根から養分を吸収している花は赤色になります。

アルミニウムを中程度に吸い上げている根から養分を吸収している花は青色と赤色の中間の紫色になります。つまり、根のアルミニウムの吸収の度合いにより、色が変わるということです。

アルミニウムを吸収しやすい土とは?

どのような土にも、アルミニウムの成分は多かれ少なかれ含まれていますが、アルミニウムを吸収できるのは、水に溶け出している場合です。

土壌の状態を酸性、中性、アルカリ性と分けると、アルミニウムが最も溶け出しやすいのは、アルミニウムがイオン化する酸性の土壌です。

土壌中にアルミニウムが豊富に含まれていても、中性やアルカリ性の場合には、アルミニウムは水に溶けにくい状態になっているため、花は赤色で、青色の花は咲きません。

青色の花を咲かせるためには?

青い花を咲かせるためには、土壌が酸性になるようにする必要があります。

また、ミョウバンはアルミニウムを含んでいるため、土にミョウバンを与えると青色の花が咲くといわれています。

スポンサードリンク

青色の花が咲かない場合

土壌が酸性で、アルミニウムが根から十分吸収されても、青い花が咲かない場合があります。

補助色素の量が少ないアジサイや補助色素に非常によく似ている物質でありながら、補助色素の働きを妨げる成分が含まれているようなアジサイでは、アルミニウムが吸収されても、青色の花は咲きません。

補助色素の量やその働きを妨げる成分は遺伝的に決まっているので、これらの品種のアジサイはアルミニウムを吸収させても青色の花は咲きません。

時間の経過による色の変化

咲き始めのアジサイの花には、葉緑素が入っているため、一般に薄い黄緑色をしています。

花が大きくなるにしたがって、葉緑素が分解されて緑色は薄くなり、アジサイの色素であるアントシアニンが合成されていき、アントシアニン本来の赤の色調が花に出てきます。

アントシアニンができる頃には補助色素もできているので、アルミニウムが含まれている花では、青色が出てきます。この時、アジサイは最も色が鮮やかな時期を迎えます。

これを過ぎると、また色変わりが始まります。

きれいな青色は紫っぽくなってきます。これは、花の中の酸性の程度が強くなったせいで、青色に赤味が出て紫色がかり、色が褪せたような感じになり、色素自体も少しずつ分解してきます。

この色変わりは、花びらの老化の一種によって起こるものです。

花の盛りを過ぎると褪色して、再び薄い色になっていきます。色調もその頃になるとくすんできます。

以上のようにアジサイの花の色の変化は、土壌が変わることによる変化と、時間の経過による色の変化の2種類によるもので、アジサイのことを七変化とも呼ばれています。

まとめ

アジサイの主な色は赤と青で、花の色はアントシアニンという色素によります。

アントシアニンの赤い色素、補助色素、アルミニウムの3つがそろった時にアジサイの花は青色になります。

土壌が酸性の時にアルミニウムは、吸収されやすくなり、アジサイがアルミニウムを吸収すると、青色の花が咲きます。このため、酸性の土壌では青色の花が咲きますが、中性、アルカリ性の土壌では、元々の色である赤色になります。

アジサイの咲き始めの花の色は薄い黄緑色で、その後、鮮やかな赤や青色になり、花の盛りを過ぎると褪色して、再び薄い色になっていきます。このようにアジサイは花の色を変化させることから七変化とも呼ばれています。

スポンサードリンク

-植物