トレンドピックアップ

気になる話題、旬の情報をお届けします。

健康

クルミの栄養成分と効果、効能

2016/05/27

20150727クルミ
クルミは世界の研究者が注目している健康食品で、日常の食生活にクルミを取り入れることで健康によいという研究報告が世界中で多数発表されています。

         
         
         
         

スポンサードリンク

クルミの歴史

クルミは古代ペルシャが原産地といわれ、紀元前7000年頃から食用として栽培されていたといわれています。

日本でも縄文時代の遺跡から発見されたそのクルミはDNA鑑定によって、野生種ではなく、栽培種であったことが証明されています。

クルミの効能は日本でも古くから認められ、国宝に指定されている最古の医学書「医心方」(いしんぼう 982年)に滋養強壮の効果がある食品として紹介されています。

クルミの栄養成分

クルミの代表的な栄養成分はアルファリノレン酸

くるみの半分以上は脂質です。

脂質で一番多いのがリノール酸ですが、脂質の中でもオメガ3脂肪酸であるアルファリノレン酸が多く含まれており、悪玉コレステロール値を下げ、血液をサラサラにします。

リノール酸とアルファリノレン酸は、摂取比率が崩れると逆に健康を害する恐れがでてきますが、クルミに含まれるリノール酸とアルファリノレン酸の割合は4対1となっており、理想的な比率で含まれていると言えます。

スポンサードリンク

クルミには抗酸化物質も多く含まれている

クルミは強力な抗酸化作用を持つ食品として知られます。

これは以下のような抗酸化物質を多く含んでいるからです。

ビタミンE、エラグ酸、フェルラ酸、ミリセチン、シリング酸、バニリン酸、ペダンクラギンなどのポリフェノール

ルテイン、ゼアキサンチンなどのカロテノイド類

クルミにはビタミン、ミネラルがバランスよく含まれている

中でもビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、ビタミンK、カリウム、マグネシウム、亜鉛、マンガン、銅が多く含まれています。ビタミンA、ナトリウムは少ないですが、その他のビタミン、ミネラルは非常にバランスよく含まれていると言われます。

さらに、クルミには便秘に効果的な食物繊維や脳に作用されると言われるトリプトファンやコリンも多く含まれています。

クルミは糖質、コレステロールが低い

クルミはカロリーの高い食べ物として知られていますが、コレステロールはゼロ、糖分は2.61gと太りにくい食品と言えます。

くるみの効果、効能

くるみの健康効果は、LDLコレステロールを低下させ、心血管リスクを削減し、また心疾患、癌、脳溢血、脳卒中、高血圧、肥満といった生活習慣病を予防するなどがあげられます。

くるみの健康効果の研究は世界中で幅広く行われており、ひとつかみほど(28グラム)のくるみが、コレステロール低下や抗炎症作用以外にも重大な健康効果を示すことが証明されています。

スポンサードリンク


出典
カリフォルニアクルミ協会

-健康