トレンドピックアップ

気になる話題、旬の情報をお届けします。

健康

スイカはほんとうにダイエット効果があるの?

20150626スイカ夏の風物詩といえばスイカです。

スイカは昔から利尿作用があることはよく知られていますが、ダイエットや美容効果もあります。

入手できるのは主に夏なので、夏限定のダイエット方法です。

スポンサードリンク

冬でも購入することはできますが、かなり価格が高くなります。

スイカの成分

赤肉のスイカの約90%は水分で、残りの10%が糖分です。

このほかにリコピン、シトルリン、カリウムなどの有効成分やたくさんのビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

カロリーは100g当たりわずか37kcalです。

リコピン

スイカの赤の色素にはリコピンが含まれています。

リコピンはトマトにも含まれていますが、単位重量当たりではスイカはトマトの約1.5倍もリコピンが多く含まれています。

肥満防止効果

リコピンには血流を改善する作用があり、これにより代謝が活発化されるので肥満の予防につながります。

代謝が活発化されると、摂取した糖分や脂肪分などは体内の臓器によってエネルギーなどに変換されるため、効率良く脂肪や栄養などが消費され、脂肪が蓄積されにくい体をつくり、肥満を防ぐことができます。

抗酸化作用

リコピンは強い抗酸化力を持っていて、体内で発生する活性酸素を除去します。

リコピンの抗酸化力はβ-カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上にもなることが分かっています。

活性酸素は、体内で常に発生していて、外部から侵入してきた細菌やウイルスを攻撃する物質ですが、喫煙、紫外線、ストレス、乱れた生活習慣などが原因で過剰に発生すると、体内のたんぱく質、脂質、DNAなどを傷つけ、老化や生活習慣病などの悪影響を及ぼします。

リコピンは活性酸素を除去して老化、生活習慣病を予防することができます。

美肌効果

活性酸素は体内だけでなく、肌細胞にも悪影響を及ぼし、しわやたるみの原因となります。

リコピンが活性酸素を抑制することにより、肌細胞を守り、健康な肌を保つことができます。

また、活性酸素は紫外線によっても発生し、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を促進しますが、リコピンの抗酸化作用により、美肌を保持することができます。

スポンサードリンク

シトルリン

シトルリンはスイカ以外にゴーヤ、キュウリ、メロンなどにも含まれています。

肥満防止効果

シトルリンはリコピンと同様に血流を改善する作用があり、これにより代謝が活発化されるので肥満の予防につながります。

筋肉増強

シトルリンは成長ホルモンの分泌を促し、筋肉を増大させる効果があります。

運動によってダイエットをする場合にはダイエット効率を上げるのにシトルリンは有効です。
非常に効果的に筋肉を増やし、体脂肪を燃焼させ、引き締まったスリムな体型にすることができます。

美肌効果

皮膚の弾力やハリ、ツヤに関係するのは皮膚に存在する天然保湿因子です。
シトルリンは天然保湿因子を構成するアミノ酸の一種であり、角質層や角質細胞で水分を保持する働きをします。

美肌の条件になる肌のハリ、ツヤは、この天然保湿因子の質と量に直結していて、単純にこの天然保湿因子であるシトルリンが多ければ美肌になります。

抗酸化作用

シトルリンはリコピンと同様に抗酸化作用があり、体内で発生する活性酸素を除去し、老化、生活習慣病を予防することができます。

デトックス効果

体内の老廃物を排出するデトックス効果があり、肌荒れの改善、疲労回復の効果が期待できます。

カリウム

むくみの原因となる体内のナトリウムや老廃物を体外に排出する作用があるので、むくみ解消の効果があります。

スイカはリンゴよりも多くのカリウムを含んでいて、むくみや熱中症、夏バテ防止などに効果を発揮します。

以上のようにスイカにはリコピン、シトルリン、カリウムなどのダイエット、美容効果だけでなく、アンチエイジング、生活習慣病などを改善する有効成分を多く含んでおり、夏場だけも積極的に摂って行きたいものですね。

スポンサードリンク

関連記事
トマトの健康パワー

-健康