トレンドピックアップ

気になる話題、旬の情報をお届けします。

健康

トマトの健康パワー

2016/04/04

20150620トマト
西洋のことわざで「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるように、トマトは栄養満点で健康やダイエットにも効果的です。
 
 
 

スポンサードリンク

リコピンって?
トマトに含まれるリコピンは、トマトの赤色の色素のことです。
リコピンは、緑黄色野菜に含まれるベータカロチンの仲間で、その抗酸化作用はビタミンEの100倍以上と言われています。
リコピンには以下のような効果があります。
悪玉コレステロール(LDL)の酸化抑制
糖尿病、動脈硬化の予防
肝臓ガン、大腸がんの発症抑制、
しみ、しわ、日焼けの予防、免疫力アップ、高血圧の改善、

含まれる栄養
トマトはリコピンのほかに風邪予防に役立つビタミンC、脳の活性化を促すグルタミン酸、腸内環境を整える食物繊維、血液中の塩分の排出を促して高血圧を予防するカリウムなどのミネラルを含んでいます。

スポンサードリンク

赤いトマトでないと駄目?
トマトは緑色から赤色に熟していく過程の中で、リコピンが大幅に増加し、食物繊維やビタミンC、Eなどの成分も増加していきます。日光を多く浴びて育った完熟した赤いトマトは、リコピンだけでなくビタミンやミネラルなどもより多く含んでいます。
このため赤いトマトの方が健康によいのです。

リコピンを効果的に摂るには
リコピンは油に溶けやすい性質があるため、油と一緒に摂ると吸収率がアップします。
リコピンは熱に強いので、炒めたり煮込んだりしても成分がそれほど減少する心配もありません。
女性におすすめのリコピンを効果的にとる手軽な方法は、朝食などにトマトジュースと牛乳を組みあわせて摂取することです。牛乳の脂肪分によってリコピンの吸収が高まり、また女性に不足しがちなカルシウムもあわせて補うことができます。

トマトのカロリー
トマトは90%以上が水分で100gで19kcalと低カロリーです。

スポンサードリンク


関連記事

スイカはほんとうにダイエット効果があるの?

出典
講談社おとなの週末2015年4月号4月号「トマトパワーを喰らう」 
KAGOME トマト大学

-健康