トレンドピックアップ

気になる話題、旬の情報をお届けします。

植物

ヒガンバナはなぜ縁起が悪いといわれるの? 毒が含まれているから?

秋のお彼岸の頃に咲くヒガンバナには、「曼殊沙華」、「天蓋花」など、多くの別名があります。

その中でも「地獄花」、「幽霊花」、「死人花」、「葬式花」など、ヒガンバナには不気味な別名があり、縁起の悪い、不吉な植物だといわれています。

ここでは、ヒガンバナはなぜ縁起が悪い、不吉な花だといわれているのか記載しています。

スポンサードリンク

墓地によく植えられている

現在、日本では人が亡くなると火葬されますが、かつては遺体を土の中に埋葬する土葬が行われてきました。

土葬すると遺体をモグラや野ネズミなどの動物が土を掘り返して、遺体を食い荒らすことがありました。

ヒガンバナは球根に毒があります。この毒がモグラ、ネズミなどの動物を寄せ付けない、忌避作用があるといわれていて、そのため、墓を守るためにヒガンバナが墓地に多く植えられてきました。

お彼岸は春分、秋分を中心として挟んだ前後七日間のことですが、あの世とこの世の距離が最も近くなるといわれます。

ちょうど、このお彼岸の時期に、墓地で沢山の花が咲いているヒガンバナは「死人花」、「地獄花」、「幽霊花」、「葬式花」のような怖い呼び名がつけられたと考えられています。

また、墓場で鮮やか過ぎる真っ赤な花を一面に咲かせるヒガンバナは、いっそう不気味さを感じさるのかもしれません。

子供から遠ざける

台風や津波で地域が浸水したときに、住民が避難するためにつくられた、人工の高台のことを命山(いのちやま)といいます。

命山にはヒガンバナが沢山生えていることがあります。

ヒガンバナの球根には毒がありますが、水にさらして毒を抜くと豊富なでんぶんを得ることができます。

第二次世界大戦中などの食料難の時や非常時にはヒガンバナを食用とされたこともあります。
ヒガンバナには毒が含まれていますが、実は、有毒成分のリコリンは水溶性なので、水でよく洗うと毒の成分が抜けて、ヒガンバナの球根から少量のデンプンが取れるのです。

そのため、飢饉や天災など、非常時の食糧にするために、江戸時代には命山にヒガンバナが植えられたのです。

昔の人たちにとってヒガンバナは大切な食糧でした。

そんな大切な花がイタズラされないように、「あの花には毒がある」、「あれは不吉な花だから採ってはいけない」、「花に触ると手がかぶれる」、「花を採ると家が火事になる」と子供たちを戒めて遠ざけたのです。

もちろん、彼岸花に毒があることから、誤飲を防ぐように彼岸花を摘んで、持ち帰ることを禁じたという理由もあります。

それが、世代を経るうちに不吉なイメージだけが残って現在でも伝わっていると考えられています。

先にも記載したように、ヒガンバナには毒があります。この毒はどのようなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

ヒガンバナの毒

ヒガンバナの葉や球根の中にはアルカロイド系のリコリンという有毒成分が入っていて、動物や虫から球根を守るため有毒成分を持つようになったと言われています。

球根中にはリコリンが1g当たり 0.5 mg、葉中には 1g当たり0.3 mg/g含まれています。

球根一つには約15mgのリコリンが含まれていて、これはネズミ1500匹の致死量に相当します。ヒトに対する致死量は10gですから、球根667個がヒトの致死量になります。

口から摂取すると吐き気や下痢を起こし、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして、場合によっては死に至ることもあります。

ヒガンバナの球根には少量のデンプンが含まれています。

リコリンは水溶性なので、水でよく洗うと毒成分は抜くことができます。

おろし金などですり潰して、数日間流水にさらすことで食用にすることができます。

食用としていたのは、主に江戸時代以前であり、知識がなく、中毒で死ぬ人数も相当数いたといわれています。

素人が食用とすることは大変危険ですので、絶対に食べないでください。

リコリンという成分は、他の植物の生長を阻害する効果や動物への忌避作用があることが知られています。

ヒガンバナは墓地以外に、田んぼの畦に植えることで雑草を抑制したり、土手に穴を開けてしまうモグラやネズミ除けに使ったりされてきました。

以上のようにヒガンバナは縁起が悪いといわれるいくつか理由があります。

しかし、ヒガンバナの毒に気をつければ、特に気にかける必要はありません。

スポンサードリンク

-植物