トレンドピックアップ

気になる話題、旬の情報をお届けします。

暮らしと生活

抗菌の効果とは? 殺菌、除菌との違いは?

日本人は健康志向、清潔志向が強く、マスク、肌着、靴下、文房、キッチン用品に至るまで、身の周りには様々な抗菌加工製品があふれています。

ここでは、抗菌の効果とはどのようなものか、似たような言葉に殺菌や除菌がありますが、これらとどのように違うのかも記しています。

スポンサードリンク

抗菌とは?

経済産業省発表の「抗菌加工製品ガイドライン」によると、抗菌加工した製品の表面における細菌の増殖を抑制することと定義しています。

抗菌仕様をうたっている製品は、細菌を殺したり減少させたりするのではなく、表面の細菌を増殖させないような加工が施されています。

抗菌加工製品は、キッチン用品や靴下などの繊維製品にも見られ、衣類の柔軟仕上げ剤に抗菌成分が配合されることもあります。

抗菌の菌は細菌の菌です。カビなどの菌類とは構造が大きく異なっているので、抗菌加工製品はカビの防止効果はありません。

抗菌剤の種類

細菌の増殖を抑制する抗菌剤には、無機系、有機系、天然系の3種類があり、プラスチック製品のように、成形前に抗菌剤を原料に練り込む方法と、成形後に製品の表面に抗菌性のあるコーティング剤を塗布する方法があります。

無機系

無機系には銀、銅、亜鉛等が使用されています。

有機系

有機系には、ジンクピリチオン、トリクロサン、クロルヘキシジン、第4級アンモニウム塩、硫化剤などの薬剤が用いられています。

天然系

天然系のものは、1.動物、魚、2.微生物、放線菌、3.植物に分けられます。

1.キチン、キトサン、プロポリス
2.ポリリジン
3.茶カテキン、カラシ、ワサビ抽出物等

が使用されています。

抗菌加工製品の効果

抗菌表示があるからといって、全ての製品に一定水準以上の抗菌効果が保証されているわけではありません。

メーカーでテストを実施して、その試験結果を表示しているものから、抗菌剤を製品に使用しているだけで、製品としての試験は実施せずに抗菌と表示しているものまで様々です。

このため、単に抗菌加工の表示だけでは、商品を選ぶうえでの目安にはなりません。

商品を選ぶ上での目安になるものとして、繊維製品以外の製品ではSIAAマーク繊維製品ではSEKマークが表示されているものがあります。

SIAAマーク

家電製品、建材、塗料、バス・トイレ用品、キッチン用品などの繊維製品以外の抗菌加工製品について、(社)抗菌製品技術協議会が性能や安全に関する統一した規格、基準とその表示方法の自主ルールを定めて、抗菌製品技術協議会が指定する試験機関の試験に合格して、認定されれば、SIAAマークが表示できます。

自主ルールで定められている抗菌性試験はJIS Z 2801に基づいています。

JIS Z 2801では、抗菌加工品と無加工品の24時間培養後の細菌の数を比較し、抗菌加工品の細菌の増殖割合が無加工品の100分の1以下(抗菌活性値2以上)である場合、その製品に抗菌効果があると規定しています。

SEKマーク

繊維製品の抗菌加工製品については、(社)繊維評価技術協議会が、使用する加工剤と製品の両面から安全性と性能を評価する試験を実施し、2つの要件をクリアした製品にSEKマークを表示することができます。

汚れていると効果が発揮されない

抗菌加工商品が及ぶ範囲は、製品の表面に付いた菌だけです。

汚れの表面に付いた菌に対しては抗菌効果がなく、また汚れそのものに対しても無力で、菌を増殖させてしまいます。

実使用で汚れが付くことは避けられないため、結局は、無加工のものと同様の手入れは必要となります。

スポンサードリンク

抗菌と殺菌、除菌との違い

抗菌に似た言葉に、殺菌や除菌がありますが、以下のような違いがあります。

殺菌

殺菌とは、細菌を殺す効果を意味し、医薬品医療機器等法の対象になる消毒薬などの医薬品や薬用石けんなどの医薬部外品で使うことができる表現です。

洗剤や漂白剤などの雑貨品の表示には、この表現は使えません。

除菌

除菌とは、文字通り細菌を取り除くことでその数を減らす効果を意味し、洗剤や漂白剤など雑貨品の表示に使える言葉です。

家庭用合成洗剤・石鹸の公正競争規約の中に、台所用洗剤のスポンジ除菌と、住居用洗剤、洗濯用洗剤の除菌表示のための統一基準が設けられています。

抗菌加工製品の副作用

抗菌加工製品を使用することにより、細菌の増殖の抑制に一定の効果を発揮しますが、皮膚の常在菌のバランスが崩れて、皮膚を守る菌まで攻撃して、アレルギー性皮膚炎になったという例も報告されています。

細菌は、強力な攻撃がなくても生存を脅かされると耐性を獲得して、より強力なものに変身することがあります。

耐性を獲得した菌は、抗菌物質が入り込んでも、すぐにそれを排除してしまいます。これが耐性菌です。抗菌加工品を乱用すればするほど、自分の身の回りにこうした薬の効かない菌が増えてしまいます。

まとめ

抗菌は細菌の増殖を抑制する効果のことです。

抗菌をうたっている製品は必ず抗菌効果があるとは限りません。

抗菌加工製品でSIAAマーク、SEKマーク表示のあるものは、試験機関で合格したもので一定の抗菌効果があり、購入の目安とすることができます。

しかし、抗菌の効果があるのは製品の表面だけです。汚れがあると抗菌効果が発揮できません。

また、抗菌加工製品には副作用があります。

例えば、皮膚の常在菌のバランスが崩れて皮膚炎となったり、抗菌加工製品を乱用すると、抗生物質が効かない耐性菌を生み出す原因ともなります。

抗菌に似た言葉に、殺菌や除菌があります。殺菌は、細菌を殺す効果を意味し、除菌とは、細菌を取り除くことでその数を減らす効果を意味し、抗菌とは異なります。

スポンサードリンク

-暮らしと生活