トレンドピックアップ

気になる話題、旬の情報をお届けします。

教養・雑学

「海の日」の由来と2017年に実施されるイベントとは?

2017/06/18

20150720
7月の第3週月曜日は国民の祝日である「海の日」です。

2017年の「海の日」は7月17日です。

国民の祝日に関する法律によると、「海の日」の趣旨は海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」と記載されています。

スポンサードリンク

国土交通省の文書によると「海の日」を国民の祝日としている国は世界の国々の中で日本だけなんだそうです。

「海の日」は今では7月の第3月曜日となっていますが、1996年に施行された時は7月20日でした。

海の日の由来

海の日は1941年に制定された海の記念日を受け継いだものです。

海の記念日

明治9年に明治天皇が東北地方をまわられた際、灯台視察船「明治丸」に乗船し、青森港から函館を経て7月20日に横浜港に帰還されました。

天皇が軍艦以外の船に初めて乗られたことを記念して7月20日を「海の記念日」と制定されました。

この「海の記念日」は祝日ではなく、一部の海の仕事に従事している人々の間で行事が行なわれるぐらいの民間の記念日でした。

海の記念日から海の日に

その後、海運関係者を中心に 「海の記念日」が皇室に由来していて、国民の祝日にしようという運動が盛り上がったことがきっかけとなり、1996年には7月20日が「海の日」として祝日化されました。

海の日が7月20日から7月第3月曜日に変更

2003年には、ハッピーマンデー法が制定され、「海の日」は7月20日から7月第3月曜日とされてしまいした。

ちなみにハッピーマンデー法により固定日から特定週の月曜日に移動した祝日は「海の日」以外に「成人の日」、「敬老の日」、「体育の日」があります。

ハッピーマンデー法というのは
国民が休暇活動を楽しむ機会を拡大して、日本の経済効果を実現するために制定された法律で、その当時週休2日制が公務員や中規模以上の企業を中心に浸透してきたため、祝日のうちのいくつかを固定日から特定週の月曜日にシフトすることにより、土曜日、日曜日と合わせて3連休とし、国民の余暇時間を拡大するのがその目的です。

「海の日」を7月20日に戻そうという動き

連休化することにより「海の日」など祝日が単なる3連休の1日として無意義に過ごされていて、その祝日の意義が分からない子供が増えているという声が多くなっています。

一方、3連休が崩れることで観光産業に影響が出るなどの懸念の声もあります。

2014年には「海の日」をもとの7月20日に戻すという祝日改正案が提出されましたが、まだ可決されるには至っていません。

奈良県では7月第3月曜日は山の日・川の日

海に面していない奈良県では、山と川の重要性や魅力について理解を深め、奈良の美しい山と川を次世代に残すことを目指して、国民の祝日「海の日」である7月の第3月曜日を「奈良県山の日・川の日」として条例で定めているそうです。

スポンサードリンク

「海の日」関連して実施されるイベント

「海の日」には、毎年各地で様々なイベントが実施されます。

海上自衛隊

海上自衛隊では海の日などの記念となる日に、満艦飾(まんかんしょく)を実施します。

満艦飾とは停泊中の自衛艦に朝8時から日没までの間、マストの最上部に色鮮やかな信号旗を掲揚して祝う行事のことです。

北海道 函館港花火大会

実施日:7月16日(日)、雨天の場合は7月17日に順延。

海の日制定記念を祝って、毎年花火大会が開催されます。
函館港の地形を生かしたワイドスターマインや、洋上から上がる色鮮やかな水中花火など、壮大な花火の数々が楽しめます。

神奈川県横浜市 日本丸メモリアルパーク

最大の見どころは大迫力の日本丸が見られることです。
船体以外にもポンプのカバー、スクリューなど、実際に使用されていた船の部品を見ることができます。

愛知県 名古屋みなと祭り

実施日:7月17日(月)

昼間はマーチングバンド、ジャズコンサート、音楽隊など多くのイベントが開催されます。
夜には花火大会が行われ、多くの人が訪れます。

兵庫県神戸市 Kobe Love Port・みなとまつり

7月16日(日)、7月17日(月)

神戸新港第2突堤内特設会場で開催されます。
Rickie-G ライブ、ハラ塾メイト・キッズオーディション、神戸ウエディングクイーンライブなどが開催されます。

佐賀県唐津市「九州花火大会」

実施日:7月16日(日)、雨天の場合は7月17日(月)に順延

仕掛け花火、打ち上げ花火など約6000発の花火が夜空を多彩に染め上げます。
   
   
   
以上のように「海の日」には様々なイベントが開催されますが、海が私たち日本人にもたらしてくれている恩恵について海の日に限らず、普段から考えてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

-教養・雑学