トレンドピックアップ

気になる話題、旬の情報をお届けします。

植物

種なしブドウの作り方|受粉や受精しなくても実ができる

最近はスーパーなどで種なしブドウをよく見かけます。

デラウェア、種なし巨峰、種なしピオーネなどは種なしブドウです。

また、種なしだけでなく、皮ごと食べられる、シャインマスカット、ナガノパープルなどの品種もあります。

ここでは、これらの種なしブドウが、どのようにして作られるのかを記載しています。

果実は受粉、受精しなくても実を結ぶ

植物が果実を作るのは、動物が種の入っている果実を食べて、動物が移動して、消化できない種が排泄物として排出されることにより、生息地を広げるためです。

受粉、受精によって子房などが発達し、胚珠が種子になることで果実が作られます。

ところが植物には、受粉が行われなくても、あるいは受粉が行われて受精がなくても、子房だけが発達して、果実が作られる場合があります。この現象を単為結果、あるいは単為結実と言います。

種なしブドウは、この単為結果という現象を利用して作ることができます。

果実は、本来なら種があることによって大きくなりますが、植物ホルモンの力で大きく成長させることができ、その仕組みを利用して種なしブドウなどが作られています。

種なしブドウの作り方

単為結果という現象は、人工的に作り出すことができます。

ブドウにデラウェアという品種があります。

デラウェアは、何もしなければ、種のあるブドウが作られます。

デラウェアにある処理をすることで種なしのブドウを作ることができます。

使うのは、ジベレリンという成長促進、種子の発芽促進、開花促進などの働きがある植物ホルモンです。

開花の2週間前に、ジベレリン溶液に花房をつけると、花粉の受精能力が失われます。

そして開花して2週間後に再びジベレリン溶液に果房をつけると、子房が肥大します。

これらの処理をすることにより、種なしブドウが作られます。

ジベレリンを使用して種なしブドウができることを発見したのは日本人です。

山梨の農試果樹分場で、アメリカから導入されたデラウェアの果柄(個々の実を支える柄)を長くする目的で、ジベレリンを外部から与えたところ、偶然に種のないブドウができ、これがきっかけで、種なしブドウの生産技術が確立されました。

ちなみに、このジベレリンを世界で初めて発見したのも日本人です。

イネが背丈を伸ばしすぎて倒れてしまう馬鹿苗病を研究していた黒沢英一氏がジベレリンを発見し、その研究を引き継いだ藪田貞治郎氏が、ジベレリンを精製し結晶化することに成功しました。

現在、スーパーなどでよく見られるデラウェアのように、粒の小さい品種は、ほとんどジベレリン処理が行われており、種はありません。

しかし、この方法はすべてのブドウの品種に利用できるわけではなく、種なしにすると本来の味が落ちてしまうなど、品種によって、種なし処理ができないブドウもあります。

ブドウ農家にとって、ジベレリン処理は重労働なため、品種改良により元々種のできない品種が作られ、ブランド化を進めている産地もあるようです。

スポンサードリンク

ブドウ以外の種なし果物

種なし品種は、受粉をしなくても果実を安定して作ることができることから、ブドウ以外の果物でも品種の育成が行われています。

例えば、種なしビワの「希房」や、交配の作業を省略するために、トマトの「ルネッサンス」などが、実際に生産されています。

種なしミカン

温州ミカンは植物ホルモンを使用しないで作られた種なしミカンです。

温州ミカンは、昔、中国から渡来しましたが、その時のミカンには種がありました。

しかし、江戸時代に、温州みかんに受精しなくても子房が発達して果実が大きくなる単為結果の現象が、突然変異で起きました。

武家社会で種なしは、世継ぎがいないことを連想させるので、縁起が悪いとして本格的に栽培されることはありませんでしたが、江戸時代末期になると、食べやすさが認められ、各地で栽培されるようになったといわれています

温州みかんは種を作らないので、子孫を残せないはずですが、接ぎ木による栄養繁殖で株を増やしていったのです。温州ミカンはクローン植物なのです。

まとめ

ブドウには、食べやすくするために種なしのブドウがあります。

植物には、受粉、受精がなくても、子房だけが発達して、果実が作られる単為結果が起る場合があります。

デラウェアなどの品種では、花が咲く前後2回ジベレリンという植物ホルモンをつけることにより、単為結果を起こさせ、種なしブドウを作っています。

スポンサードリンク

-植物