オートミールの測り方 計量スプーンや計量カップでどうする?

 

オートミールは牛乳を入れたり、水でふやかしたりして手軽に食べられ、栄養も豊富なため人気が高い食材です。

オートミールの1食分は通常30gが目安とされています。

しかし、毎回1食分をハカリで測るのは非常に面倒です。

そこで、ここでは、オートミール1食分 30gを家にある計量カップや計量スプーンで測る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

オートミール 30gはどのくらいの量?

計量カップや計量スプーンは容量(体積)を測るものなので、単位は「㏄(㎖)」です。

オートミール 30gを計量カップや計量スプーンで測るためには、オートミール 30gの容量(体積)を求める必要があります。

オートミールの比重(密度)は0.4といわれていますので、

1食分30gの容量は30÷0.4=75㏄(㎖)
となります。

計量カップを使ったオートミールの測り方

計量カップは目盛が10㏄刻みになっていることが多いので、75㏄を正確に測るのは難しいかもしれませんが、おおよその量を測ればいいという場合にはこれで問題ないと思います。

計量スプーンを使ったオートミールの測り方

計量スプーンの
大さじ1杯は15cc
小さじ1杯は5㏄
となっていますので、

オートミール30g=75ccは大さじ5杯です。

30g以外の量を測りたいときには、大さじと小さじを組み合わせて測ることができます。

例えばオートミール40gや50gは以下のようになります。

オートミール40g:40÷0.4=100cc→大さじ6杯+小さじ2杯
オートミール50g:50÷0.4=125cc→大さじ8杯+小さじ1杯

まとめ

オートミール1食分30gを正確に測りたい場合には、デジタルスケールを使う必要がありますが、大まかな量が知れればOKという場合には

計量カップでは75㏄
計量スプーンでは大さじ5杯

を目安にしてください。

以上、オートミール1食分 30gを家にある計量カップや計量スプーンで測る方法をご紹介しました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました