ファミリーマートでレターパックは買える?支払い方法や買い方は?

レターパックプラスやレターパックライトの専用封筒が必要になり、距離や時間帯により郵便局をすぐには利用できない場合があると思います。このような時には、ファミリーマートのようなコンビニで購入することができます。

ここでは、レターパックをその一部の店舗で買えるファミリーマートでの支払い方法や買い方、発送や受取りなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

ファミリーマートでレターパックは買える?

ファミリーマートでは全ての店舗でレターパックが買えるわけではありません。

各店舗で需要があるかどうか判断してレターパックを取り扱うかどうかを決めているようです。

レターパックプラスとレターバックライトの両方を取り扱っていたり、どちらか一方、または、どちらも扱っていないなど店舗により様々です。

ファミリーマートでレターパックが買えない場合はどうする?

ファミリーマートでレターパックを取り扱っていなくて買えない場合には、ローソン、ミニストップ、セイコーマートではレターパックを取り扱っています。

これらのコンビニは日本郵政と提携しているので、在庫切れでない限り買える確率は高いです。

以下にレターパックを一部の店舗で買えるか、全ての店舗で買えるかを示すコンビニ一覧表を示します。

コンビニ名 買える店舗 支払い方法
ファミリマート 一部 現金、ファミマTカード
セブンイレブン 一部 現金、nanaco
ローソン 全て 現金のみ
ミニストップ 全て 現金のみ
セイコーマート 全て 現金のみ
ディリーヤマザキ 全て 現金のみ

 

ファミリーマートでレターパックを買う方法

レターパックはファミリーマートの陳列棚に並べてあるわけではありません。

レジの店員さんに例えば「レターパックライトをください」と伝えると商品を出してきてお会計をしてもらえます。

店員さんによっては、色や価格で覚えている場合もあるので、「赤いレターパック」とか「530円のレターパック」という言い方の方が良いかもしれません。

レターパックについて

ここでレターパックプラスとレターパックライトについてその違いを確認しておきましょう。

レターパックプラスもレターパックライトも配達料金は距離に関係なく全国一律で520円(プラス)または370円(ライト)です。

追跡サービスがあり、配達状況をスマホやパソコンで確認できます。

違いは下表のようになります。

レターパックライト レターパックプラス
サイズ A4サイズ(340mm×248mm) A4サイズ(340mm×248mm)
厚さ 3cm以内 制限なし
重量 4kg以内 4kg以内
配達方法 郵便受けへ配達 対面で配達
追跡サービス あり あり
料金 370円 520円
青色 赤色

スポンサーリンク

ファミリーマートでのレターパックの支払い方法

ファミリーマートでのレターパックの支払い方法には

・現金
・クレジットカード機能付きファミマTカード

の2種類から選ぶことができます。

ファミマTカードでの支払い

レターパックの支払いはクレジットカード機能付きファミマTカードでできますが、それ以外のクレジットカードでの支払いはできません。

ファミマTカードで支払った場合には、還元率0.5%のTポイントが貯まります。

ファミリーマートで通常の買い物をファミマTカードのクレジット払いですると

・クレジットポイント:200円あたり1ポイント
・ショッピングポイント:200円あたり1ポイント
・特別ポイント:200円あたり2ポイント

と合計で還元率2%のポイントが付きますが、レターパックの場合には還元率0.5%とポイントが少なくなります。

少しややこしい話になりますが、ファミマTカードには以下の3種類があります。

1.ファミマTカード(クレジットカード)
2.ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード)
3.ファミマTカード(ポイントカード)

このうちレターパックの購入時に利用できるのは1.のクレジットカード機能付きファミマTカードだけで、この時、0.5%のポイントが加算されます。

また、ファミマTカード以外のクレジットカードや、Suica・PASMO・Apple Payなどの各種電子マネーでの支払いはできませんので注意してください。

ファミリーマートの店頭でレターパックを発送できる?

ファミリーマートの店頭でレターパックを発送することはできません。

レターパックはハガキ、手紙などと同じ郵便物なので、ポストに投函するか郵便窓口へ差出して発送しなければなりません。

ファミリーマートにはローソンやミニストップのように店内に郵便ポストが設置されていません。

このため、郵便ポストを捜して投函するか、郵便局の窓口への差出してください。

レターパックを郵便ポストに投函するときの注意点

厚みに注意

レターパックを郵便ポストに投函する時は厚みに注意する必要があります。

郵便ポストの投稿口の厚みは、一般的なポスト(投函口が2つ)が4cm、古いポスト(投函口が1つ)やローソンにあるポストは3.4cmです。

レターパックライトの場合、厚みは3cm以内と決められているため、問題なくポストに投函できます。

レターパックプラスの場合厚みに制限はないので、4cm以上のものを投函しようとした場合ポストに入りません。

この場合、郵便局の窓口に差し出して発送する必要があります。

急いでいる場合

郵便ポスト投函の場合は、1日の集配時間や集配回数が決まっていて、投函するタイミングによっては郵便局の営業所内で引受作業をするまでに時間がかかり、その結果、相手先への到着時間や日数にも影響がでてきます。

このため、急いでいる場合には、レターパックプラスでもライトでも郵便局の窓口から出すことをおすすめします。

ファミリーマートでレターパックの受け取りはできる?

宅配便の荷物はファミリーマートなどのコンビニで受け取れるサービスがありますが、レターパックは郵便物のため、ファミリーマートに限らずコンビニでの受け取りはできません。

レターパックの受け取り方法は
レターパックライト(青色)では、郵便受けに、レターパックプラス(赤色)は対面(受領印または署名が必要)で届けられます。

以上、ファミリーマートでのレターパックの買い方、支払い方法などについてご紹介しました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました