ローソンでのレターパックの買い方や発送の仕方

メルカリなどのフリマサービスで売れた商品を送りたい時、速達なみに早く配達できるレターパックを使うと非常に便利です。

このレターパックは、郵便局以外にコンビニでも販売されています。

ここでは、ローソンでのレターパックの買い方や支払い方法、発送する方法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

ローソンで販売されているレターパックの種類

ローソンで販売されているレターパックは、レターパックプラスとレターパックライトの2種類あります。

レターパックプラスもレターパックライトも配達料金は距離に関係なく全国一律で520円(プラス)または370円(ライト)です。

追跡サービスがあり、配達状況をスマホやパソコンで確認できます。

違いは下表のようになります。

レターパックライト レターパックプラス
サイズ A4サイズ(340mm×248mm) A4サイズ(340mm×248mm)
厚さ 3cm以内 制限なし
重量 4kg以内 4kg以内
配達方法 郵便受けへ配達 対面で配達
追跡サービス あり あり
料金 370円 520円
青色 赤色

ローソンでのレターパックの買い方

レターパックはローソンの陳列棚に並べてあるわけではありません。

レジの店員さんに例えば「レターパックライトをください」と伝えると商品を出してきてお会計をしてもらえます。

店員さんによっては、色や価格で覚えている場合もあるので、「赤いレターパック」とか「530円のレターパック」という言い方の方が良いかもしれません。

ローソンでのレターパックの支払い方法

ローソンでレターパックを買う場合の支払いは現金のみとなります。

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済での支払はできません。

ローソンではレターパックの発送ができる

ローソンの店内には郵便ポストが設置されているので、ポストに投函することでレターパックを発送することができます。

ローソンで買い物ついでに、持ち込んだレターパックも出せるので便利です。
切手も不要なのでそのままポストに投函できます。

但し、レジの店員さんにレターパックを差し出して発送するということはできません。
あくまでも、ローソン店内にあるポストに投函するという形になります。

スポンサーリンク

レターパックをポストに投函するときの注意点

厚みに注意

レターパックを郵便ポストに投函する時は厚みに注意する必要があります。

郵便ポストの投稿口の厚みは、一般的なポスト(投函口が2つ)が4cm、古いポスト(投函口が1つ)やローソンにあるポストは3.4cmです。

レターパックライトの場合、厚みは3cm以内と決められているため、問題なくポストに投函できます。

レターパックプラスの場合厚みに制限はないので、4cm以上のものを投函しようとした場合ポストに入りません。

この場合、郵便局の窓口に差し出して発送する必要があります。

急いでいる場合

郵便ポスト投函の場合は、1日の集配時間や集配回数が決まっていて、投函するタイミングによっては郵便局の営業所内で引受作業をするまでに時間がかかり、その結果、相手先への到着時間や日数にも影響がでてきます。

このため、急いでいる場合には、レターパックプラスでもライトでも郵便局の窓口から出すことをおすすめします。

ローソンでレターパックの受け取りはできる?

宅配便の荷物はローソンなどのコンビニで受け取れるサービスがありますが、レターパックは郵便物のため、ローソンに限らずコンビニでの受け取りはできません。

レターパックの受け取り方法は
レターパックライト(青色)では、郵便受けに、レターパックプラス(赤色)は対面(受領印または署名が必要)で届けられます。

ローソンでレターパックが売っていないときの対処法

基本的にローソンではレターパックの販売をしていますが、品切れになったりして手に入らない場合もあります。

もしローソンでレターパックを入手できない場合には、取り扱っているコンビニはほかにもあります。
以下に、レターパックが販売されているコンビ二の一覧表を示します。

コンビニ名 買える店舗 支払い方法
ファミリマート 一部 現金、ファミマTカード
セブンイレブン 一部 現金、nanaco
ローソン 全て 現金のみ
ミニストップ 全て 現金のみ
セイコーマート 全て 現金のみ
ディリーヤマザキ 全て 現金のみ

ただ、どこの店舗でも取り扱っているわけではありません。
確実にレターパックを手に入れたいのであれば、郵便局がおすすめです。

以上、ローソンでのレターパックの買い方や支払い方法、発送する方法などについてご紹介しました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました