ブロッコリーは電子レンジでチンするとまずくなる?美味しく茹でるコツは?

ブロッコリーはその栄養価の高さから、健康志向の方に特に人気のある野菜です。

しかし、レンジで加熱すると味が落ちるという声も多く聞かれます。

この記事では、レンジでブロッコリーを美味しく茹でるためのコツと、なぜレンジ加熱で味が落ちるのかを詳しく解説します。

スポンサーリンク

ブロッコリーを電子レンジでチンするとまずくなる3つの理由

レンジで加熱するとブロッコリーの味が落ちることがありますが、その理由は何でしょうか?

苦み(エグみ)が出る

ブロッコリーに含まれるミシロナーゼという成分が、加熱不足によりエグみを引き起こします。

この成分は虫から身を守るためのもので、人体には無害ですが、レンジ加熱では熱が中まで通りにくく、エグみが残りやすいのです。

適切な加熱方法を用いることで、このエグみを抑えることが可能です。

加熱ムラができてしまう

レンジ加熱は均等に行われないため、ブロッコリーに加熱ムラが生じやすく、食感が悪くなります。

硬い部分と柔らかすぎる部分が混在し、味わいに影響を与えるのです。

このムラを防ぐためには、ブロッコリーを均等な大きさにカットすることが重要です。

加熱しすぎると水分が飛びすぎる

加熱時間を長くしすぎると、ブロッコリーの水分が飛び、パサパサになってしまいます。

これは水分の多い野菜によく起こる現象で、味の低下につながります。

適切な加熱時間を守ることで、水分を保ちつつ美味しく仕上げることができます。

スポンサーリンク

生のブロッコリーを電子レンジで美味しく茹でる方法

レンジでの加熱は栄養を損ないにくいメリットがあります。

耐熱容器を使用し、適切な下準備と加熱方法で、生のブロッコリーを美味しく茹でることができます。

ブロッコリーを洗い、小房に分けた後、耐熱皿に並べ、水を少量かけてラップをします。

600Wのレンジで約4分加熱すると、均等に加熱され、エグみも抑えられます。加熱後は粗熱を取り、食べやすい大きさにカットしてください。

冷凍のブロッコリーを電子レンジで美味しく茹でる方法

冷凍ブロッコリーをレンジで美味しく茹でるには、まず氷や霜を取り除きます。

キッチンペーパーでブロッコリーを包み、ふわっとラップをかけて600Wのレンジで約2分加熱します。

大きさによって加熱時間を調整し、均等に加熱することがポイントです。

キッチンペーパーが余分な水分を吸収し、食感を良く保ちます。

まとめ

ブロッコリーをレンジで加熱する際は、苦みの原因となるミシロナーゼを適切に処理し、加熱ムラや水分の飛び過ぎに注意することが大切です。

生のブロッコリーは適切な下準備と加熱方法で、冷凍ブロッコリーはキッチンペーパーで包んで加熱することで、美味しく茹でることができます。

これらのポイントを押さえれば、栄養豊富なブロッコリーをレンジでも美味しく楽しむことができます。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました