紙製の容器が電子レンジで加熱できない理由とは?使用できる裏ワザはある?

電子レンジは私たちの日常生活において非常に便利な道具ですが、その使い方には注意が必要です。

特に、紙製の容器を電子レンジで使用する際には、多くの人が疑問を持つことがあります。

この記事では、紙製の容器が電子レンジで加熱できない理由と、それを安全に使用するための裏ワザについて、詳しく解説していきます。

日々の生活で電子レンジを使う際の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

紙製の容器が電子レンジで使えるか?

電子レンジは現代生活に欠かせない便利な家電ですが、使用する際には注意が必要です。

紙製の容器を使わない方がいい理由

電子レンジは食品や飲料に電磁波を照射し、水分を振動させて温度を上げる仕組みです。

紙は湿気を含むため、電磁波によって温度が上がり、強度が低下する恐れがあります。

さらに、紙製の容器の中身が高温になると、発火の危険性があります。

特に、内側にアルミ加工を施した紙製品は発火しやすいです。また、耐水用のポリエチレンが溶け出し、中身が混濁することもあります。

中身によっては紙製も使える

しかし、紙封筒に入れた銀杏など、特定の食品を加熱する際には紙製品を使用することがあります。

これらの例では、紙製品が発火することはありません。紙製品の種類や中身によって、電子レンジの使用が可能な場合もあるため、一概に「使ってはいけない」とは言えません。

電子レンジに紙コップをかけると危険な理由

多くの紙コップは水分が染み込まないようにポリエチレンコーティングされています。

このコーティングは110度まで耐えられますが、紙コップ自体の耐熱温度は90度程度です。

電子レンジで110度以上に加熱すると、ポリエチレンが溶け出し、不快な化学物質の臭いが発生することがあります。

ポリエチレンが溶けると危険

ほとんどの紙コップは水分が染み込まないようにポリエチレンコーティングがなされています。

ポリエチレンコーティングの耐熱温度は110度ですが、大抵紙コップの耐熱温度は大事をとって90度とされています。

電子レンジで110度以上の高温に加熱されると、紙コップ内側にコーティングされているポリエチレンコーティングが溶け出してしまうのです。

90℃以上にならないようにしよう

その際には、独特の不快な化学物質の臭いがするので、もはや口に入れられずせっかく温めた中身を捨てなければなりません。

ですから、紙コップを入れた電子レンジ内の温度はできるだけ90度以上に上がらないように注意しましょう。

また、電子レンジから取り出すときに紙コップの中身が沸騰し飛び散ってやけどの恐れがあります。

さらに、湿気を含んだ紙コップは、電磁波で高温になって強度が下がり紙コップが破損する可能性があるほか、紙コップがふにゃふにゃになって持てない可能性もあります。

紙コップを電子レンジで使用する裏ワザ

電子レンジで失敗せずに紙コップを使う方法としてまず、紙コップの中に油物を入れて加熱しないことです。

油は水より高温になるので、紙コップの耐久性の限界を簡単に超えてしまいます。ここでは紙コップを温める方法をご紹介します。

熱がこもらないように使おう

ラップをかけて加熱しない事も大切です。ラップをかけると熱がこもるので、短時間で紙コップが耐えられない高温になってしまうからです。

そこで、加熱時間は20秒ずつなど短く区切って加熱するのがおすすめです。

一気に加熱しようとすると、中身が十分過熱される前に紙コップがふにゃふにゃになって、中身がこぼれてしまうおそれがあります。

電子レンジ対応可でも要注意

さらに、紙コップの中には電子レンジ対応可と明記されている製品もあります。

ただ、電子レンジ対応の紙コップの場合でも、出力500w未満なら2分未満の加熱、出力1000wなら40秒未満の加熱が限界です。

そして、中身が沸騰するまで液体を加熱しない事も大切になります。

外から見ていてブクブク泡立つ前に早めに取り出すようにしましょう。

突沸といって、わずかな刺激によって突然高温の液体が周囲に飛び散り大火傷を負うことがあります。たとえ固形物であっても調理物を温めすぎない事がポイントです。

スポンサーリンク

電子レンジで使ってはいけない身近なもの1

電子レンジに入れてはいけないものを列挙しました。まずバチバチと閃光を発し発火の危険があるものです。

アルミホイル

電子が活性化され金属表面の電位差が生じ、火花が出たり発火したりすることがあります。

短時間なら電子レンジで使えなくはないのですが、基本的には使わないほうが良いです。アルミホイルを敷いた後、トーストやオーブンの機能を使うつもりでレンジのボタンを押してしまうことがあるので注意しましょう。

金属容器

電磁波は金属(鉄、銅、アルミ、ステンレス等)に反射しやすいので火花が出やすく、電子レンジの故障の原因になる恐れがあるため使わないようにしましょう。

気付かずにうっかりして商品に付属する金属の留め金を入れたまま電子レンジのスイッチをオンにしてしまうこともあるので気をつけてください。

金色の模様が入った陶磁器

一般に陶磁器は電子レンジに入れても安全とされています。

ただし、陶磁器であっても金色の模様には金属が使われていることが多く、電子レンジに入れると模様の部分からバチバチと火花が飛び散ります。

ほんの一部でも金属の模様が入っていれば、かなり派手にスパークするので模様の有無を確かめてから電子レンジに入れるようにしたいものです。

缶詰

缶詰は蓋を開けずに電子レンジに入れたら爆発します。

たとえ蓋を開けてもスパークするので金属製の缶詰を電子レンジに入れてはいけません。

また、ステンレスも同じことが言えます。例えば、珈琲や紅茶の飲み物でアルミ製のボトルに入ったものがありますが、これも電子レンジに入れてはいけません。

電子レンジで使ってはいけない身近なもの2

電子レンジ内でスパークする金属製品以外にも、電子レンジに入れてはいけないものが身近にあります。

スーパーマーケットで使われる茶色の紙袋やビニール袋

茶色の紙袋は熱で出火や有害物質が気体化する可能性があります。

他にも、ビニール袋、紙袋に使われるインクや糊、そしてリサイクルされた製品は電子レンジに入れると熱に反応し有害な物に変化するので、入れないようにしましょう。

スーパーで買った惣菜を包むラップに貼られた値段の紙が、電子レンジに入れた後真っ黒に変色したのを見てゾッとしたことがあるかもしれません。

殻付きの卵を電子レンジに入れると爆発することは知られていますが、殻を剥いた卵でも電子レンジの内部を破壊するほどの爆発を招くことがあります。

おでん屋で買ってきた煮卵を温め直すため電子レンジに入れて爆発した事例があります。類似するものとして、たらこやソーセージも内部が膨張して破裂する危険があります。

ペットボトル

蓋をしたままのペットボトルを電子レンジに入れると爆発の危険があります。

また、蓋を開けて入れても容器が変形することがあります。ペットボトルの中身を温めたい場合は、他の容器に移してから加熱することが安全です。

水分の少ない野菜

サツマイモ、ごぼう、かぼちゃ、にんにくなど、水分の少ない野菜を電子レンジで長時間加熱すると、乾燥して硬くなり、焦げたり発火する恐れがあります。

これらの野菜を電子レンジで加熱する際は、水分を加えるか、加熱時間を短くすることが重要です。

紙製の容器はガラス容器に移してから

紙製の容器は一般的に電子レンジでの使用を想定していません。

しかし、使い方に工夫をすれば、紙製の容器を電子レンジで使用する方法もあります。

それでも、安全性を考慮すると、ガラス容器に移してから加熱することが最も安全です。面倒でも、安全を優先してガラス容器を使用しましょう。

まとめ

電子レンジは便利な家電ですが、使用する際には注意が必要です。

特に紙製の容器や特定の素材は、電子レンジでの使用に適していない場合が多いです。

安全に電子レンジを使用するためには、容器の材質を確認し、適切な方法で加熱することが重要です。

また、紙製の容器を使用する際には、可能であればガラス容器に移してから加熱することをおすすめします。

日常生活での電子レンジの使用をより安全に、そして便利にするために、これらのポイントをぜひ覚えておいてください。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました