絵の具で紫の作り方は?簡単できれいな紫の作り方をご紹介!


絵の具を使って紫を作成する際、どの色を合わせると良いと思いますか?

赤と青を組み合わせれば、すぐにできる、と思っている方は、半分当たっています。

美しい紫や、望む紫の色合いを出すのは、実は意外と複雑なのです!

この記事では、絵の具で理想の紫を作るための秘訣をご紹介します。

スポンサーリンク

きれいな紫を作れる絵の具の割合とは

学校の美術の時間によくみる絵の具は、12色や24色のセットが主流です。

しかしそれだけの選択肢では、求める色が必ずしもそろっていない場合もあります。

その際、絵の具の色を組み合わせて必要な色を作成することが一般的です。

例を挙げると、オレンジは赤と黄の組み合わせ、グレーは白と黒を混ぜることで再現できます。

では、紫はどうすればいいでしょう?

答えは、赤と青の組み合わせです。

理論的には赤と青の中間に位置するのが紫ですが、実際に絵の具を混ぜてみると、結果が予想と異なることがよくあります。

なぜかというと、「色の三原色」の理論が影響しています。

三原色とは赤、青、黄の基本的な色のことを指します。これらの色が交差する図をどこかで見たことがあるでしょう。

これらの色を混ぜると、徐々に暗くなっていき、最終的には黒に近づきます。

しかし、三原色の図だけを見ると、赤と青を混ぜるだけで綺麗な紫が得られるように感じます。

実際には、市販の絵の具の赤や青は、三原色が混ざったもので作られています。

このため、赤と青の絵の具を混ぜると、意図しない色になることが多いのです。

特にオレンジっぽい赤やエメラルドのような青を混ぜると、黒や茶色になりやすいです。

紫をしっかりと作成する際は、黄色が少ない赤や濃い青を使用すると良い結果が得られます。

また、赤と青の割合も重要で、赤を多めにすると赤紫、青を多めにすると青紫のようになります。

一般的な提案としては、「赤:青=2:1」や「赤:青=1:2」が最適です。

「赤:青=1:1」の割合は、茶色っぽくなりがちなので注意が必要です。

この情報をもとに、自分の好みの紫を作成する実験をするのも楽しいですよ。

スポンサーリンク

絵の具以外にも、水の量を変えるといろいろな紫が作れる

絵の具の赤や青のバリエーションによって、さまざまな紫の色合いを作れることが明らかになりました。

しかし、学校の美術用品で使う絵の具には、バリエーションに制限があることも。

「実はもっと鮮やかな紫を出したい!」
「もっと深い紫を希望している!」

しかしながら、さまざまな色を組み合わせても、思った通りの色にならないことも。

そのような場合、水の特性を利用すると良いでしょう。

水彩やアクリルの絵の具は、水を加えることで多種多様な表情を持たせることができ、それが特徴です。

多めの水を加えると、さっぱりとした透明感が出ます。

一方、水を少なく使うと、色の深みや濃さが強調されます。

例えば、優しい色合いの青紫の紫陽花を描きたい場合、淡い色合いが好ましいです。

その場合、赤:青=1:2で青紫を調整し、水をたっぷりと混ぜることで、美しい紫の紫陽花を表現できます。

逆に、鮮明な赤紫のコスモスを描く際には、どのようにすればよいか?

正解は、赤:青=2:1で赤紫を調整し、水を控えめに使うことで、鮮やかなコスモスの色を再現できます。

このように、紫を表現するための絵の具において、水の使用量は非常に重要です。

まとめ

今度、絵の具を組み合わせて美しい紫の作成方法をお伝えします!

紫色を得るためには、赤と青の絵の具を合わせることになりますが、各絵の具にはさまざまな色成分が混ざっているため、紫の美しい色を得るのは難しいことがあります。

最も美しい紫を出すためには、オレンジ色成分が少ないクリムゾンのような赤や、ディープブルーのような青を選びます。

混ぜる際の比率は、赤:青=2:1あるいは1:2とします。

また、水の量も調整することで、紫の色合いを変えることができます。

様々な組み合わせで、自分の好みの紫を作ってみるのも楽しいので、是非トライしてみてください!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました