伊勢海老の特徴、生態、 脱皮の頻度や回数は?

海洋には多種多様なエビが存在しますが、伊勢海老はその中でも長い間食用として重宝されてきた種類です。

一部の説では、伊勢海老が「海老」という言葉の由来になったとも言われており、このことからも日本人にとって伊勢海老がどれほど親しみ深いかがわかります。

この記事では、伊勢海老の自然な生息地、旬の時期、そしてその生涯にわたる脱皮の回数や寿命などについて、詳細にわたって解説しています。

伊勢海老の生態に興味がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みいただき、その魅力について深く理解していただければと思います。

伊勢海老とは?名前の由来は?

伊勢海老は、エビの分類において「エビ上目イセエビ下目イセエビ科イセエビ属」に属しています。

この中で、正式に伊勢海老と認定されるのは特定の1種だけです。

しかし、イセエビ科には「8属49種」のエビが含まれており、これらの中のいくつかが一般的に伊勢海老として扱われることもあります。

また、市場や流通の都合上、伊勢海老として販売される輸入種も存在します。

伊勢海老は、成長すると体長が20~30cm、重さが約1kgに達することがあり、日本では古くから食用として利用されてきました。

外見的には、赤褐色の硬い殻で覆われた体と、長くて硬い棒状の触角が特徴です。

特に、この目立つ触角は伊勢海老の市場価値に大きく影響します。

触角が損傷していると、その価格は下がるため、漁師は水揚げの際に特に注意を払います。

※触角の存在は伊勢海老の豪華な外見を強調し、市場価値を高めます。

また、伊勢海老の第二触角には特殊な「発声器官」が備わっており、陸上で「ギーギー」という威嚇音を発することができます。

名前の由来

伊勢海老の名称の起源には複数の説が存在します。

最初にこの名前が記録されたのは「言継卿記」で、それは1566年のことでした。

この名前の由来に関して最も説得力があるのは、「伊勢(現在の三重県)で豊富に捕れた」ことに由来するというものです。

しかし、伊勢海老の殻や触角が当時の鎧や武具を思わせることから、「威勢が良い」という意味で名付けられたという説も存在します。

さらに、伊勢海老が岩場に多く生息することから、「いそえび」から「いせえび」と変化したという説もあります。

1600年代には、「日本永代蔵(1688年)」や「世間胸算用(1692年)」にも伊勢海老が高級食材として扱われていた記録があります。当時の文献では「伊勢ゑび」と表記されていたようです。

最近では、三重県の伊勢志摩だけでなく、千葉県の外房や神奈川県の鎌倉でも伊勢海老が多く漁獲され、「外房イセエビ」や「鎌倉海老」といった地域名を冠した別称で市場に出回ることもあります。

伊勢海老の旬や時期

伊勢海老が最も美味しいとされるのは、秋から冬にかけての季節です。

伊勢海老の漁獲可能な時期は産地によって異なりますが、一般的には9月頃から解禁されることが多いです。このため、9月から翌年の3月までが伊勢海老のベストシーズンと考えられます。

特に、伊勢海老の漁獲が最も早く始まるのは千葉県で、ここでは8月から伊勢海老の漁が行われています。

伊勢海老の特徴・生態

次に、伊勢海老の特性や生態について、より深く掘り下げて説明していきます。

「伊勢海老がどのような環境で生息しているのか?」「伊勢海老の寿命はどれほどなのか?」といった一般的な疑問に答えていきますので、是非この内容に注目してください。

生息地

伊勢海老は海洋に生息するエビの一種です。

このエビは、特に浅い水深の「岩礁」周辺を好んで生息しています。

その生息域は主に茨城県南部から始まる太平洋沿岸に広がっており、日本海側で伊勢海老が見つかることは稀です。

伊勢海老は台湾の太平洋沿岸や朝鮮半島の南部でも見られます。

かつては西大西洋やインド洋でも伊勢海老が存在するとされていましたが、現在ではそこで見つかるエビは別種とされています。

伊勢海老の主要な産地は、その名の由来となった伊勢志摩(三重県)ですが、最近では海水温の上昇の影響か、外房(千葉県)でも豊富に獲れるようになり、これらの地域が漁獲量で競い合っています。

伊勢海老の食性やエサ

伊勢海老は主に肉食で、ウニや貝などを食べることが多いです。

しかし、海藻も食べることが観察されているため、広い意味では雑食性とも考えられます。

伊勢海老の自然界での敵にはイシダイ、タコ、サメなどがいますが、中にはウツボと共生し、これらの捕食者から身を守る個体も存在するようです。

伊勢海老の繁殖と成長

伊勢海老の繁殖期は主に5月から8月にかけてです。

交尾を終えたメスはこの時期に卵を産み、孵化するまで卵を守ります。

孵化直後の伊勢海老の幼生は透明感のある外見をしており、成体の伊勢海老とは大きく異なる姿をしています。

これらの幼生は「フィロソーマ幼生」と称され、約300日をかけて成体に成長します。

寿命

伊勢海老の理論上の寿命は約30年とされていますが、自然界の捕食者や漁業の影響でその年数を全うする個体は少ないです。

最も一般的な死因は、タコなどの天敵に捕食されることです。

特に幼生期には他の生物による捕食が多く、実際の平均寿命は30年よりもかなり短いと考えられます。

また、前述の通り、伊勢海老は生涯にわたって多くの脱皮を行いますが、この脱皮過程での失敗が命を落とす原因となることもあります。

スポンサーリンク

伊勢海老の脱皮の回数

伊勢海老の脱皮は、その成長過程において非常に重要な役割を果たします。以下にそのプロセスを説明します。

成長と脱皮の必要性

伊勢海老は硬い外骨格(殻)を持っています。この外骨格は伸びることができないため、伊勢海老が成長するにつれて、新しい、より大きな外骨格が必要になります。これが脱皮の主な理由です。

脱皮のプロセス

脱皮の過程は、伊勢海老が古い外骨格を脱ぎ捨て、新しい外骨格が硬化するまでの時間を含みます。

このプロセスは、伊勢海老が水を体内に取り込んで体を膨らませ、古い殻を割って脱ぐことから始まります。

脆弱な期間

新しい外骨格が硬化するまでの間、伊勢海老は非常に脆弱です。この時期には、捕食者から身を守るために隠れることが多くなります。

成長段階における脱皮

伊勢海老は幼生の段階で約30回の脱皮を行います。これにより、徐々に成体の形に近づいていきます。

脱皮の頻度

幼生の頃は頻繁に脱皮しますが、成体になるにつれてその頻度は減少します。成体になると、脱皮は年に数回程度になることが一般的です。

この脱皮プロセスは、伊勢海老の成長と生存にとって不可欠な部分であり、自然界における彼らの生態系での役割を果たすために重要です。

伊勢海老とロブスターの違い

エビの種類は大きく「歩行型」と「浮遊型」の2つに分けられます。

この中で、大型の歩行型エビは英語圏で「ロブスター」と呼ばれ、伊勢海老は英語で「Japanese spiny lobster(棘の多いロブスター)」と表現されることがあります。

しかし、伊勢海老と一般的なロブスターは異なり、ロブスターは「ザリガニ下目アカザエビ科ロブスター属」に属します。

これに対して伊勢海老は「イセエビ科目」に分類され、生物学的には異なるグループに属します。

海外のロブスターは50cm以上に成長することがありますが、伊勢海老はそれほど大きくなりません。

また、ロブスターには寿命に関わる「テロメア」という細胞構造を再生する「テロメラーゼ」の活動が特徴的ですが、伊勢海老にはこのような特性は見られません。

まとめ

日本で古くから高級食材として珍重されている「伊勢海老」について、その特徴や生態に関する情報をお伝えしてきました。

特に、幼生時代に約30回の脱皮を経て成長するという点は、伊勢海老特有の興味深い特徴です。

この伊勢海老の主要な産地には三重県や千葉県があり、その旬は秋から冬にかけてです。

さらに、外見上はロブスターに似ているものの、生物学的には全く異なる種であることも明らかになりました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました