2024年 鏡開きの日はいつ?由来、やり方、やってはいけないことをご紹介


2024年(令和6年)における鏡開きはいつ行われるのか、その意義や起源、実施の方法、避けるべきこと、食べ方や餅のレシピ、調理方法について詳しく説明します。

また、新年のお祝いとして行われる鏡餅の鏡開きと、結婚式での樽酒を用いた鏡開きの間にある差異についても記載しています。

スポンサーリンク

鏡開きとは? 鏡開きの日はいつ、意味、やり方は?

幼い頃、鏡餅をどのタイミングで食べるのか疑問に思ったことはありませんか?

鏡餅は、鏡開きの儀式の後で食べるものです。

鏡開きは新年の重要なイベントです。

良い一年を迎えるためにも、鏡開きの正しい時期や意義、起源、進め方、避けるべきこと、結婚式での酒樽を用いた鏡開きとの差異、鏡餅を食べる際の注意点など、基本的な疑問に答えを出しておくことが大切です。

2023年鏡開きの日はいつ? 鏡餅はいつ食べる?

鏡開きを行う適切な時期はいつかというと、通常は毎年1月11日に行われます。

鏡餅が美味しそうに見えるので、早く柔らかいうちに食べたくなる気持ちは理解できます。

しかし、お正月は年神様を迎える特別な期間であり、鏡餅はその年神様の象徴とされています。

そのため、年神様が滞在されている間は鏡餅を食べることは控えるべきです。

年神様がおられる松の内が終わると、1月11日に鏡開きを行うのが一般的です。

松の内が1月15日まで続く地域では、鏡開きを15日や20日に実施することもあります。

かつては20日まで正月とされており、その日に鏡開きをしていましたが、徳川三代将軍の徳川家光が慶安4年の4月20日に逝去されたことから、その月命日である20日を避け、11日に変更されたとされています。

この日付の変更は、武家社会における行事であったことを考慮すると、適切な対応だったと言えるでしょう。

鏡開きとは?意味や由来

鏡餅を長期間飾ったままにしたり、食べずに廃棄するのは適切ではありません。

鏡餅は単に年神様への供物としてではなく、年神様が宿る象徴とされています。

そのため、鏡餅を開いて年神様を見送るという意義も込められています。

鏡開きの儀式は、戦国時代の武士が行っていた「具足祝い」に起源を持つとされています。

新年には武具を前に鏡餅を奉納し、その後で下ろして食べるという風習がありました。

さらに、鏡餅には歯を強くするという意味合いもあります。

これは宮中で行われる「歯固め」の儀式に由来しており、硬くなった鏡餅を食べることで、丈夫な歯を得て、健康と長寿を祈願する習慣があります。

鏡餅に込められた年神様の力をいただくことで、家族が1年間健康であることを願うのです。

鏡餅は供えた後、下ろして開いて食べることに深い意味があり、一片も残さずにいただくことが大切です。

スポンサーリンク

「鏡開き」という理由は? やってはいけないことは?

刃物の使用は厳禁です!「割る」ではなく、「開く」という言葉を使います。

鏡開きは、新年の節目として行われ、それは新たな年の業務開始を象徴していました。

武士は装備を収めた櫃を開け、商家では貯蔵庫の扉を開け、農家では田んぼでの作業を開始することで年の始まりを告げていました。

剣道などの武道では、新年の初稽古として道場開きに鏡開きを行う(あるいはおしるこを振る舞う)のは、この伝統の続きです。

この儀式は武家社会から始まりました。自刃を想起させるために、刃物で餅を切ることは避けられ、手で割ったり、槌で「開く」ようになりました。

また、不吉な「割る」という言葉を避け、「開く」という吉祥を招く表現が用いられるようになり、「鏡開き」という名前がつきました。

樽酒も「鏡開き」というのはなぜ?

結婚式の披露宴で親しまれている鏡開きは、「鏡」が円満を、「開き」が拡がりを意味しています。

また、宴が終わることを「お開き」と称するのも、それが吉兆を象徴しているからです。

お祝いの場で樽の蓋を開けることを鏡開きと呼ぶのはなぜでしょうか?

樽の中のお酒を提供する際に蓋を開ける行為も鏡開きと称されていますが、これは昔の酒屋が樽の蓋を「鏡」と呼んでいたことに由来しています。

日本は農耕社会であり、米から造られる日本酒は神々しい存在とされてきました。

重要な祭事には必ずといっていいほど日本酒が捧げられ、祈りが終われば集まった人々がお酒を分かち合い、願い事が叶うことを祈る習慣があります。

樽に入ったお酒が奉納される際には、その蓋を壊してお酒を振る舞うわけですが、ここでも吉祥を招く「開く」という言葉が用いられます。

すなわち、鏡餅の鏡開きも樽酒の鏡開きも、新しいスタートを切る時に健康や幸せを願い、それが叶うことを祈る行為です。

このような背景から、新しい家の完成、創業記念日、結婚の披露宴などで樽酒の鏡開きが行われるようになったのです。

現代での鏡餅の鏡開き

現代では、事前に小さく切られた餅がパッケージされた鏡餅が流行っており、鏡開きは単にパッケージを開ける行為に変わりました。

伝統に従えば、鏡餅を刃物で切ることは避けるべきですが、現在では刃物を使う機会も減っています。

手軽になったとはいえ、子供たちに鏡開きの背景や意義を教えることを怠らないようにしましょう。

従来の鏡餅を用いる場合、十分に乾燥していなければ、たとえ木槌や金槌を使っても容易には割れません。

そのような状況では、「半日水に浸した後、電子レンジで8分程度加熱して柔らかくした後、手でちぎって」調理する手段も一つの方法です。

まとめ

2024年の鏡開きは1月11日に行われ、新年の神様を見送る意味があります。

由来は武士の具足祝いで、健康と長寿を願う「歯固め」の意味も含まれます。

刃物を使わず、手や槌で「開く」のが伝統。結婚式での樽酒の鏡開きは円満と拡がりを象徴し、共に新しい始まりを祝う日本の美しい風習です。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました