鶏肉のことを「かしわ」と呼ぶのは方言?違いはあるの?


一部の地域では、「鶏肉」を「かしわ肉」と称することがあり、多くの人が「鶏肉」と「かしわ肉」を同じものと認識しているかもしれません。

しかし、実際にはこれは誤った理解になります。

この記事では、鶏肉とかしわ肉の違いや、かしわ肉という名称の起源について詳しく解説します。

スポンサーリンク

鶏肉をかしわ肉と呼ぶエリアについて

鶏肉をかしわ肉と呼ぶエリアは、主に関西地方や九州地方、中部地方の一部で広く伝わっています。

かしわは日本在来種の茶色いニワトリの肉を指し、かしわ肉という呼称は、西日本に残っているとされています。

かしわという言葉は、日本在来種の鶏の羽色が柏の葉っぱの色(褐色)に似ていることから名づけられたと言われています。

この呼称には地域性があり、東日本では鶏肉をかしわ肉と呼ぶことは一般的ではないようです。

この「かしわ」という名前は、西日本の地域料理にも使用されています。

たとえば、福岡県の地元料理である「かしわめし」は、鶏肉と他の具材を炊き込んだご飯の料理です。

また、一般的に「とり天」と称される鶏肉の天ぷらは、香川県では「かしわ天」として親しまれています。

鶏肉とかしわ肉の違いについて

日本の各地域において、鶏肉には「かしわ肉」という別称がしばしば使われます、と先に触れました。

ただし、実際には鶏肉とかしわ肉は、同一のものを指すわけではないのです。

それぞれの本来の意味について、詳しく見ていきましょう。

鶏肉

一般的に知られているように、鶏肉はニワトリの肉を指します。

鶏肉には様々な種類が存在しますが、通常「鶏肉」と言えば、「ブロイラー」と称されるニワトリの肉をさすことが一般的です。

ブロイラーは、アメリカで生まれた白いニワトリの品種で、通常のニワトリと比べて短期間で成長するように品種改良された若鶏を指します。

普通のニワトリが成鶏になるまでには約4~5ヶ月を要しますが、ブロイラーはわずか50日程度で食用サイズに成長します。

私たちが日常的にスーパーマーケットで見かけ、家庭で調理して食べる鶏肉の大部分はこのブロイラーであり、一般的な鶏肉として広く認識されています。

かしわ肉

かしわ肉と鶏肉の区別を明確にするためには、まず「かしわ肉」という名称の起源を理解することが重要です。

中部地方の一部、関西地方、九州地方では、鶏肉をかしわ肉と称するのは、ブロイラーが日本で普及する以前に、日本固有のニワトリ種が「かしわ」と呼ばれていたことに起因します。

日本の伝統的なニワトリは、白いブロイラーとは異なり、茶色の外見をしており、これが落ち葉が茶褐色に変わる柏の木に似ていたため、かしわと名付けられました。

つまり、一般的な鶏肉がアメリカ原産の白いニワトリの肉を指すのに対し、かしわ肉は日本の伝統的な茶色いニワトリの肉を指すわけです。

かつてはかしわという名称が全国的に用いられていましたが、ブロイラーの普及に伴い、その使用は減少し、現在では特定の地域でのみ用いられることが多く、多くの人々には方言として認識されています。

スポンサーリンク

“かしわ肉”は隠語として使われていた

日本の伝統的な茶色いニワトリの肉が「かしわ肉」と称される背景については、先に説明したとおりです。

では、なぜこのニワトリの肉が単に「鶏肉」と呼ばれなかったのでしょうか?

これには、「かしわ肉」や「かしわ」という言葉が隠語として使われていた歴史的背景が関係しています。

日本では古くから家畜の肉を食する習慣が少なく、仏教の影響で獣肉食が忌避され、特に江戸時代には獣肉食がタブー視されていました。

それでも肉の美味しさを求める日本人は、様々な肉に隠語をつけてこっそりと楽しんでいました。

その一つが、かしわと呼ばれる日本在来種の茶色いニワトリの肉だったのです。

また、ニワトリ以外にも、馬肉は「桜肉」、鹿肉は「紅葉」、イノシシ肉は「牡丹」といった隠語があり、これらの呼称は今日でも使われています。

西日本にかしわ肉という呼称が残っている理由

今日では、「かしわ肉」という名称は主に西日本でのみ使われています。

この現象の背景には、日本各地で異なる食文化の流行が影響しています。

江戸時代には獣肉食が一般的にタブー視されていましたが、時代が進むにつれて鶏肉の消費が普及し始めました。

この時期、関東地方では軍鶏が好まれていたのに対し、関西地方ではかしわ肉の食文化が根付いていきました。

その結果、西日本において「かしわ肉」という呼称が現在まで残ることとなったのは、他の地域と比較して古くからその地域で流行していたため、また鶏肉の一種としての人気があったためです。

かしわめしのレシピ

福岡県の郷土料理である「かしわめし」は、鶏肉を使った炊き込みご飯の一種です。以下は、基本的なかしわめしのレシピです。

このレシピは4人分を想定しています。

材料
米:2合
鶏もも肉:200g
しょうゆ:大さじ3
みりん:大さじ2
酒:大さじ2
砂糖:小さじ1
だし汁:360ml(水で代用可能)
塩:少々
しょうが(みじん切り):1片分
万能ねぎ(小口切り):適量(トッピング用)
作り方
米の準備:米を洗い、30分程度水に浸しておきます。

鶏肉の下処理:鶏もも肉は一口大に切り、塩少々を振って下味をつけます。

調味料の準備:しょうゆ、みりん、酒、砂糖を混ぜ合わせておきます。

鶏肉の炒める:フライパンに油を熱し、鶏肉を中火で炒めます。鶏肉に火が通ったら、みじん切りにしたしょうがを加え、香りが出るまで炒めます。

炊飯器の準備:水気を切った米を炊飯器に入れ、だし汁を加えて普通に炊飯する水加減にします。

調味料を加える:炊飯器に炒めた鶏肉と調味料を加え、軽く混ぜ合わせます。

炊飯:炊飯器のスイッチを入れ、通常通りに炊きます。

盛り付け:炊き上がったら、軽く混ぜてからお皿に盛り付け、万能ねぎをトッピングして完成です。

ポイント
鶏肉は、もも肉以外に胸肉やささみを使用しても良いです。

だし汁を使うことで、より一層深い味わいになりますが、水でも十分美味しく作れます。

好みで、きのこ類や人参などの野菜を加えても良いです。

このレシピは基本的なものですが、地域や家庭によって多少のアレンジが加えられることがあります。お好みで調整してみてください。

まとめ

「かしわ」という言葉は、もともと日本の在来種である茶色い羽を持つニワトリを指す言葉でした。

この呼称が次第に鶏肉全般を指す名前として使われるようになり、特に関西地方、九州地方、中部地方の一部で広く普及しました。

このように、鶏肉を指す呼び名には地域ごとの特色が存在するのです。
 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました