猫も声変わりするの?その時期や要因についてもご紹介!

人間が成長する過程で声が変化することがあるのと同様に、猫にも声の変化が見られる時期が存在します。

人間のように、声変わりが目立たない場合もありますが、猫の中には声が大きく変わるものもいます。

この記事では、猫の声が変わる時期や、それに影響を与える要因について詳しく説明します。

スポンサーリンク

声変わりとは?

一般的に、人間の声が変わる時期は12歳から13歳の間に始まることが多く、この時期には声帯の成長とともに喉の軟骨も急速に発達します。

この変声期には、声帯を支える筋肉の成長が声帯やその周辺の組織の成長についていけないことがあり、その結果、声がうまく出ないことがあります。

声がかすれたり、喉に痛みを感じたり、話している最中に声が急に変わることもあります。

変声期を経ると、声は通常、1オクターブ程度低くなるとされています。

猫も声変わりをする?

猫も人間のように声変わりがあります。

猫の声変わりは通常、2歳までに起こりますが、早い猫では生後3ヶ月で成猫の声を発することもあります。

幼い猫は「ミャーミャー」という小さな声で鳴きますが、成長に伴い「ニャー」という成猫の声に変わっていきます。

この過程で、鳴き声は高くて愛らしいものから、より低く力強いものへと変化します。

特にオス猫は成長が早く、声の変化も顕著です。

しかし、メス猫にも声変わりはあり、オスとメスの両方がこの変化を経験します。

ただし、メス猫はオスに比べて成長が遅いため、声変わりの変化が目立たないこともあります。

個体差も大きく、オスのような声を持つメス猫や、メスのような声を持つオス猫も存在します。

また、成猫になってから声変わりを経験することもあり、そのようなケースもいくつか存在します。

発情期

猫は非常に繁殖力が強い生き物です。

一部の猫は生後6ヶ月から8ヶ月で初めての発情期を迎えることがありますが、他の猫は生後12ヶ月から18ヶ月を経て初めて発情期に入ることもあります。これは猫によって異なります。

発情期が始まると、成猫は声の変化を経験することがあります。

これは聞く人にとって明らかな特徴的な変化で、「ミャオーン」といった普段は聞かれない低い声で鳴くことがあります。

オスもメスも、このような甘い声を使って相手に自分をアピールします。

体型の変化

人間のように体重が増加すると声が変化することがあるように、猫も過食により体が大きくなった際に声の変化が起こることがあります。

肥満でなくても、単に体格が大きくなることで声が変わる猫もいます。

手術後

猫が去勢や避妊手術を受けた後、声が変わることがあります。

手術の影響で声が低くなったり、かすれたりすることがあり、中には鳴かなくなる猫もいます。

しかし、このような声の変化は通常、一時的なものです。

手術に伴うストレスが原因で起こるため、ストレスが解消されれば声は元の状態に戻ることが多いです。

スポンサーリンク

ストレスで声変わりすることもある?

猫の声はストレスに敏感に反応します。

猫はストレスに対して非常に弱く、健康的で長生きさせるためには、過剰なストレスを避けることが重要です。

では、どのような状況が猫にストレスを引き起こす可能性があるのでしょうか。

ここでは、猫にストレスをもたらす2つの主な原因について説明します。

引っ越しなどの環境の変化

猫にとって、環境の変化は大きなストレスの原因になります。

これには、引っ越しのような大きな変化から、部屋の模様替えのような小さな変化も含まれます。

飼い主が何らかの理由で引っ越しを余儀なくされることもあるでしょう。

そのような場合は、新しい家で猫が快適に感じられるように、以前使っていた寝床やトイレを新しい家の一室に設置することが助けになります。

最初はドアを閉めて猫が安心できる環境を作り、徐々に他の部屋への移動を許可するのが良いでしょう。

また、模様替えが必要な場合でも、猫を驚かせないように、一度に全てを変えるのではなく、少しずつ変更を加えることが重要です。

同居ペットが増える

新しいペットが家に加わることは、猫にとってストレスの原因となり得ます。

猫は縄張りを重視する動物で、自分の領域に他の動物が侵入すると、本能的に防衛的な態度を取ります。

特にオス猫は縄張りに対して非常に敏感です。新しいペットとの遭遇が喧嘩に発展することもあります。

もし新しいペットとの関係が上手くいかない場合、別々の部屋で生活させることも一つの解決策です。

たとえワンルームのアパートメントであっても、空間を上下に分割して猫の縄張りを確保することが可能です。

例えば、部屋の上部に猫が歩いたり休んだりできるスペースを作るなどの工夫が有効です。

まとめ

猫も声変わりがあり、これが一時的なものや成長過程で自然に起こる場合、特に心配する必要はありません。

ただし、ストレスが原因で声が変わる場合は、適切な対応を取ることが重要です。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました