トイレットペーパー|シングルとダブルの違い、コスト、使用割合は?

トイレットペーパーには、シングルとダブルの2種類がありますが、あなたはどちらを使っていますか?

ここでは、シングルとダブルの違い、使っている人の割合、経済性、コストなどについて記載しています。

スポンサーリンク

トイレットペーパーにシングルとダブルがあるのはなぜ?

1枚の紙を巻いたものがシングル、2枚の紙を重ねて巻かれているものがダブルです。

紙には必ず表と裏があり、表面はツルツルで、裏面はザラザラしています。

シングルの場合は、肌触りがよいツルツルの面は表の片面のみとなります。

巻いてある外側の面が表面、内側の面が裏面となります。

表面、裏面を意識せずに使っている人がいるかもしれませんが、肌にやさしいつるつるした表面で拭くほうが望ましいのです。

シングルでは、片側はザラザラしていて、肌にはやさしくありません。

そこで、登場したのがダブルのトイレットペーパーです。

ダブルは、裏面を背中合わせにして重ねて巻いてあるので、両面とも表面となり、肌触りがよく、また、紙の間に隙間があるので、空気が入って柔らかく感じます。

シングルは、ダブルより紙の厚さが厚くつくられていて、しっかりと拭きたい人に適しています。

一方、ダブルは吸水性や、柔らかさを求めている人に適しています。

シングルとダブルのトイレットペーパーの重さ

シングルは、ダブルより厚い紙を使用しています。

このため、同じ商品で.シングル60mとダブル30mの重さを比較した場合、ダブルよりシングルの方が10%程度重くなっています。

スポンサーリンク

シングルとダブル、どちらが経済的?

ある調査によると、大の場合、トイレ1回で使用するトイレットペーパーの平均使用量はシングルで1.77m、ダブルで1.46mです。

トイレットペーパーの1ロールの長さは、シングルで60m、ダブルで30mです。

1ロールでシングルは約34回分、ダブルは約21回分使用できるため、シングルの方が約1.6倍長持ちします。

同じメーカであれば、通常シングルもダブルも同じ価格で販売されているので、シングルの方が経済的と言えます。

また、子どもは大人と比べると、使用するトイレットペーパーの長さが非常に長く、減りが早いので、小さなお子さんのいる家庭では特にシングルの方が経済的です。

商業施設やオフィス、学校などのトイレでは、シングルのトイレットペーパーが設置されているのはシングルの方が経済的だからです。

シングルとダブルの使っている人の割合

全国的には、シングルを使用している人の割合は約45%、ダブルを使用している人は55%で、関東圏では、シングル:ダブル=4:6、関西圏では、シングル:ダブル=6:4となっています。

関西地区の中では、シングルを使用している人の割合は、大阪では約50%、京都では約57%、奈良ではなんと約86%と高くなっています。

関東圏では、どちらかというと、肌にやさしいものといった、品質を重視する人が多いのに対して、関西圏では経済性を重視する傾向が強いようです。

シングルとダブルの生産コスト

一般にシングルの60mとダブルの30mは同じ価格で販売されています。

シングルの紙1枚とダブルの紙1枚分の厚さ比較すると、シングルの方は破れにくくするために厚くしているので、材料費はダブルの方が高くなります。

生産面においては、ダブルは紙を2枚に重ねてから30m分を巻くことになりますが、シングルでは、60m分巻かなければならないため、その分巻き取るのに時間がかかり生産効率がダブルよりも悪くなり、シングルの方が生産コストは高くなります。

このため、ダブル30m巻きと同じ価格で、シングルの長さを55mと短くした商品も販売されるようになりました。

トイレットペーパーの歴史

現在使用されているトイレットペーパーの原型はアメリカから日本に入って来ました。

それ以前は、日本ではちり紙を使って用を足していました。

第2次世界大戦後に、アメリカ軍が日本に持ち込みました。その時はシングルのトイレットペーパーでした。

1960年代頃まではシングルのトイレットペーパーしかありませんでした。

その後、当時としてはトイレットペーパーの革命とも言われたダブルのトイレットペーパーが誕生しました。

また、ウォシュレットなどの温水洗浄便座が普及するにつれて、吸水性をより高めた3枚~4枚重ねの商品も出回るようになりました。

さらに、シングルやダブルとは直接関係ありませんが、トイレットペーパーの全面にわたって、エンボス加工と呼ばれるブツブツとした小さな突起がある商品があります。



ブツブツとした小さな突起は、肌触りを柔らかくし、また、表面積を増やすことで、水分の吸収力を高めるとともに、便を拭くのにも効果があるそうです。

まとめ

1枚の紙を巻いたものがシングル、2枚の紙を重ねて巻かれているものがダブルです。

紙には必ず表と裏があり、表面はツルツルで、裏面はザラザラしています。

シングルの場合は、肌触りがよいツルツルの面は表の片面のみとなります。

ダブルは、2枚の紙を裏面を背中合わせにして巻いてあるので、両面ともつるつるした表面になります。

シングルは、しっかりと拭きたい人に適していて、経済コストはダブルより安くなります。

一方、ダブルは吸水性や、柔らかさを求めている人に適していて、経済コストはシングルより高くなります。

シングルとダブルを使う人の割合は、全国的には、ほぼ半々ですが、関東圏ではダブルを使う人が多く、関西ではシングルを使う人が多くなっています。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました