図書カードと現金は併用できるの?現金に戻したりおつりはどうなる?

プレゼントとして図書カードを選ぶことはよくありますか?

現金を贈るのは双方にとってあまり気持ちがいいものではありませんが、図書カードであればその点が解消され、便利です。

子供への祝い事はもちろん、大人への感謝の気持ちを表す際にも活用されます。

ただし、頻繁に使用するわけではないため、その使い方について不安を抱えている方も少なくないでしょう。

この記事では、図書カードを現金と一緒に使う方法、現金化する方法、またお釣りがもらえるかどうかについて解説します。

スポンサーリンク

図書カードと現金を併用することはできる?

図書カードと現金の同時使用は可能ですが、まず図書カードが優先されます。

このカードは、加盟店の書店で使えるプリペイド式のカードで、現金にて購入できます。

カードには500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円の額面があり、さまざまなデザインから選べるため、用途に応じて選択することができます。

さらに、「オリジナル図書カード工房」では、自分の好きな画像やテキストを使って、パーソナライズされたカードの作成が可能です。

これはプレゼントとしても非常に役立ちます。

例えば、500円の図書カードを使って、500円を超える商品を購入したい場合、現金を追加して使用することができます。

ただし、図書カードで使いたい金額を指定することはできません。

通常は、図書カードでの全額支払い後、残りの金額を現金で支払う形になります。

図書カードを現金に換金は可能?

図書カードは加盟する本屋などで現金に換金することはできません。

もし図書カードを使用しない場合、金券ショップでの売却が一つの選択肢です。

ただし、500円の図書カードを売る場合、市場価格は約450-475円程度となり、額面価格よりも低くなることに注意が必要です。

また、法律上、未成年者は換金行為が禁止されているため、換金を希望する場合は保護者の同伴と同意が必要です。

金券ショップでの取引には通常、身分証明書の提示が求められることも覚えておきましょう。

さらに、カードが汚れていたり、破損していたりすると、買取を拒否される可能性があるため、取り扱いには注意が必要です。

最近ではフリマアプリでの出品も一般的ですが、図書カードのような金券類は出品禁止の対象となっていることが多いです。

不注意で出品してしまうと、アプリの利用停止などのペナルティを受けることもありますので、出品前には十分な確認が必要です。

図書カードは、そのまま使用することで額面通りの価値を得られるため、換金せずに利用することがおすすめです。

図書カードは加盟書店でのみ使用可能ですが、最近の大型書店では、書籍や雑誌だけでなく、文房具やDVDなども取り扱っているため、これらの商品購入にも使用できます。

書店によっては、書籍以外の商品にも図書カードが使用できる場合があるので、利用前には必ず確認しましょう。

現代の書店は多様な商品を取り揃えており、本を読まない人でも、学生なら参考書や問題集、会社員なら手帳や筆記用具など、日常生活で役立つアイテムが見つかるはずです。

スポンサーリンク

図書カードを使っておつりはもらえるの?

図書カードはプリペイドタイプの商品券で、最低額面は500円から始まります。

かつて一般的だった図書券(平成17年秋に販売終了)はお釣りが出ないことが多かったのに対し、図書カードでは差額を1円単位でカードの残高として保持できるため、残高がなくなるまで何度でも使用することができます。つまり、お釣りは発生しません。

しかし、カードの残高が少なくなると使いづらくなることがありますが、その際は現金との併用が可能です。

これにより、カードの残高を完全に使い切ることが容易になります。

カードの残高は、裏面にあるQRコードをスマートフォンでスキャンすることで簡単にチェックできます。

ただし、この機能はカードの有効期限内でのみ利用可能ですので、期限には注意が必要です。

有効期限はカードの裏面に記載されています。スマートフォンを使わずにパソコンを使用する場合は、専用のウェブページでID番号とPIN番号を入力して残高を確認することができます。

また、残高を確認するためのフリーダイヤルも設けられており、パソコンやスマートフォンを使用しない方でも残高の確認が可能です。

まとめ

図書カードは、現金と一緒に使用することが可能で、利用後の残額は現金でのお釣りとしては受け取れませんが、カードの残高として保持され、再度使用することができます。

図書カードを直接現金に換えることはできませんが、金券ショップでの買取は可能です。

ただし、買取価格は通常、カード額面の90~95%程度になるため、図書カードとして利用することがより価値ある選択と言えます。

普段書店での買い物をしない人でも、大型書店では文房具やDVDなども扱っているため、図書カードでこれらの商品を購入することが可能です。

ただし、図書カードで購入できる商品は書店によって異なるため、利用前には書店で確認することが重要です。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました